昔から難関といわれている医学部に合格するには

受験から就職まで

履歴書

受験の際、または就職活動の際、よく必要となるのが志望動機です。志望理由とも言います。志望動機は、なぜこの学校や会社に入りたいのか、入ったらどうしたいのかを文章として述べるものです。試験官や採用担当者は、相手が自分たちにとって必要な人材であるかどうかを見極めようとしています。それを問うのが志望動機ですから、志望動機を書く際には、その問いに対する答えをきちんと盛り込む必要があります。どれだけ優秀な成績であっても、目を見張るような才能やキャリアを持っていても、それを上手く相手に伝えられなければ合格も採用もありません。また、伝え方に独自性がなくても、他の人間との差が見られず有利になりえません。志望動機の書き方は、非常に重要です。書き方が全く分からない場合、最初は例文があると分かりやすくて良いです。受験対策サイトや就職支援サイトなどを見れば、良い例文、悪い例文が実例として示されているのを見つけられます。それを真似して書くところから始めれば、とっかかりを掴めます。最初から独自性を出すことや完璧に書けることを目指す必要はありません。まずは、自分の状況を例文にあてはめ、同じように書けるかどうかやってみます。そうすれば、自分の志望動機のどこが良くないのか、何が足りないのかが目に見えるようになります。そこを修正し、例文と同じように書けるようになったら、そこから自分なりの志望動機を作り上げていけばいいのです。