昔から難関といわれている医学部に合格するには

メンズと子供

大学進学までが楽になる

大学進学まで考えるのなら、早い段階で付属の学校に入ってしまった方が楽です。そこで、中学受験をするお子さんが増えてきています。親御さんはお子さんのために、塾選びの情報などを提供しましょう。口コミなどから評判を調べてみましょう。

大学生

学科選びで悩む人が多い

兵庫大学にはたくさんの学部や学科があるため、どれを選べばよいのか迷う学生が多いです。在学中や卒業後に取得できる資格によって、入学する学部や学科を選ぶとよいでしょう。健康科学部の栄養マネジメント学科では栄養士、健康システム学科では養護教諭一種免許等が取得できます。

時間は有限

医者

医学部に合格するには、並大抵の努力ではできないことは誰もが分かっていることです。ですが、塾に行かなければ、幼少期から英才教育を受けなければ、絶対に受からないところというわけではありません。入試問題は高校で習ったところからしか出ません。高校の内容の発展や基本の組み合わせから出題されることは医学部であっても同じです。合格するには、その範囲の内容を完璧に、使いこなせるようにすること、ただそれだけが大切なことになってきます。医学部に合格するには特別な内容の習得ではなく、いかに密度を濃く、高校の範囲をかみ砕いて理解し、自分のものにするかが大事です。地道な反復によって暗記し、解放パターンを自分のものにすることです。それには膨大な時間がかかります。しかし、受験期として用意されている時間は限られています。1日は24時間しかありません。その中で膨大な量をこなすためには、勉強の密度を高めるしかありません。徹夜で時間を稼ごうとするのではなく、健康に気を使いながら、ベストコンディションが出せる時間で全力を出して勉強します。どうせ復習するからと1回1回で手を抜くのではなく、復習は前提にしつつも、その1回で覚える心意気を持ちます。合格するには当たり前のことですが、意外に見落とされます。医学部の英語問題で覚えていると望ましい英単語など、若干他学部より特殊な範囲はありますが、だらだらと暗記するのではなく、記憶に良いとされる夜や、眠くて調子の出ない午後に暗記物を回し、頭のよく回る午前中には論述や記述問題をこなすと、より勉強の密度が上がるでしょう。

履歴書

受験から就職まで

志望動機は、受験や就職の際、自分がその学校や会社にふさわしい人材であると相手にアピールするためのものです。書き方が分からないという場合には、最初は例文を探し、その通りに書けるように練習するとスムーズです。例文通りに書けるようになってから、改めて自分の言葉で書けるように練習しましょう。